プリント基板
更新情報
                                   

プリント基板の製造工程の中でも最初に行われるケースが多いのがプレス加工です。
プレス加工とは、一般に専用の金型を作成してその形状を板に転写して製品の状態にする加工のことを言います。
プレス加工は抜き、曲げ、絞りに大別されます。
抜き加工は金属板にプレスをすることにより、切断及び分離をする工程です。
大きさや形を調整する上で非常に重要な工程となっています。
切ることはもちろん、外形を切り抜くことで斬新な形にすることも出来ます。
穴をあけることもこの加工に含まれます。

プリント基板

曲げ加工は金属板にプレスをすることによって発生する力を使って曲げる工程を言います。
圧力を金属板にかけることで、引っ張る力と圧縮する力を利用しているのが特徴です。
曲げはその曲げた形に合わせたアルファベットを使ってL曲げのように表現します。
立体的なプリント基板を使用する際には特に重要となる工程と言えるでしょう。
絞りは1枚の金属板を平面から立体に絞る加工のことであり、よりダイナミックな形に成形することが出来ます。
絞り加工を施した製品にはつなぎ目がありません。
他のプレスに比べると難易度が高いですが、様々な形状の底付け容器を作ることが出来ます。

製造工程のプレス加工が独立した金型となっていて、単独で使用する工法は単独加工と言います。
1つのプレス機につき、1つの金型を取り付けて実施していきます。
他の工法に比べると手間も時間もかかりますが、その分精度を上げられるというメリットがあります。
一方で複数の高低をピッチに配置し、順送りしながら行う工程は順送加工と言います。
効率的に作業を行うことが出来るので、料金を抑えられる点がメリットです。

プレスを行うためには頑強な金属が必要となります。
加工される側の勤続よりも柔らかい素材を使うと、圧力で曲がってしまうことがあるからです。
専門の工場などでは複数の機器を用意し、必要に応じて使い分けるケースが多くなっています。
アルミニウムや銅は形を変えるのがそれほど難しくありませんが、鋼やステンレスを型を作るために大きな圧力が必要となります。
依頼をする際には対応する金属に含まれているかどうかについて、尋ねておくことが非常に重要と言えるでしょう。

日本のプレス技術は高いので、海外からの依頼を受けているケースもあります。
細やかなデザインを極めて高い再現度で型にする技術やノウハウは、世界中の国の中でも随一となっています。
日本製のプリント基板の通販サイトもあるため、発注する際は調べてみることをオススメします。