プリント基板:製造工程【パターン形成】

プリント基板

パターン形成はプリント基板に必要なフィルムなどを焼き付ける製造工程を行います。銅メッキを完了した状態のプリント基板は銅の板のようになっていますが、パターン形成を行うことでプリント基板らしい特徴を持つようになります。パターン形成は写真法、印刷法、光学的手法、アディティブ法などに分けられます。

フィルムによる焼き付けを写真法と呼びます。この手法ではプリント基板にフィルムを貼り付けて感光させることによってパターンを形成していき、微細なパターンにも対応します。写真法はテンティング法とはんだ剥離法に細別されます。

テンティング法が用いられるケースが多い一方で、はんだを使用した工法を活用している場合も依然としてあります。穴の中に液を入れないようにすることがパターン形成のポイントです。インクを印刷する方法を印刷法と呼びます。量産性が高いのでローコストでの生産が可能です。銅スルホール場合だけでなく、銀スルホールの場合でもよく用いられる工法となっています。

ただし、細かい規定を付けたい場合は写真法の方が行いやすいケースもあります。フィルムを使用せずに光学的な技術によってパターン形成を行う場合もあり、イニシャルコストがあまりかからないことから注目を集めています。かつては光源の焦点の大きさの関係上、細線パターンの形成が出来ないというデメリットがありましたが、既にそのデメリットは解消されつつあります。基板メーカーが今後力を入れることにより、一層利便性が向上する可能性のある工法です。

アディティブ法は他のパターン形成の手法とは一線を画した工法であり、樹脂面の上の必要な部分に化学メッキと同じ方法でパターンを析出させていきます。均一なパターン形成を行う上では重要となる工法ではありますが、時間がかかるのでコストが高くかかりやすいというデメリットも発生します。

アディティブ法を採用しているメーカーはそれほど多くありませんが、この手法ならではの特徴も存在します。フィルムと基板の間に繊維が付着すると、パターンの突起や欠けが発生してしまいやすくなります。それゆえにパターン形成を行う前には確認しておくことが大切です。

アディティブ法の場合は必要な箇所だけにパターンを析出させるので、基板の部分的な突起や欠けのリスクは低くなります。いずれの手法でパターン形成を行うのかは、プリント基板の製造工程において非常に大切となっています。